*噂のお店とまさか…!*

今日やっとやっと行ってきました噂のお店。
お友達のSoeurのおくりもの♪のSoeurさんが夢をかなえてOpenさせたお店。
*handmade&zakka* Soeur
Soeurさん選りすぐりの素敵な作家さんが委託されています。
子どもたち3人とお邪魔したので残念ながら店内の写真がありません。
私のお嫁にもらった作品をご紹介しますね。
a0143504_65021.jpg
mo*moちゃんがブログで紹介されてた新作シュシュ。
どうなってるんだろう…?って思ってたのね。
うふふ…。手に取ってみても「どうなってるんだろう…?」(笑)
さすがmo*moちゃん。とっても縫製も丁寧で、YUWAの小花ちゃんも
私の好みにドンピシャ!です。
a0143504_610926.jpg
そしてSoeurさんのお店に委託されっると知って絶対欲しかった作品。
ハリノヲトのままちんさんのこぎん刺し。
ご存知の方も多いかと思いますが、こぎんとは…?

津軽こぎん刺しとは青森県津軽地方に伝わる伝統的な刺し子。
北国、津軽では綿の栽培が困難なため一般に使用される衣服の多くは麻布でできておりました。
また、享保9年(1724)に出された「農家倹約分限令」により農民は仕事着はもちろんのこと、
被り物、肌着、帯に至るまで細かく規制されていたそうです。

木綿の着用を許されなかった農民は麻布を重ねて麻糸で刺した着物を普段着としていました。
農作業では重い籠を背負うので擦り切れやすい肩や背中を糸で刺すことにより摩耗を防ぎ、
また、雪国津軽の冬は麻布だけでは寒さを防ぐことはできず、
糸で布目をびっしり刺すことで保温効果も高めていそうです。
津軽こぎん刺しは農民自身が体を守るために限られた資材と厳しい社会制約の中で
補強と保温を目的に作り出された知恵の結晶なのですね。


そんな「用の美」としてのこぎん刺し。最近ではこぎん刺しを取り入れた
布小物を素敵にアレンジされる作家さんがおられます。
このままちんさんもそのお一方。

気になる方は、ぜひぜひSoeurさんのお店で手に取ってみてくださいね~♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
ランキングに参加してみました。
画像のクリックでランキングに投票されます。
現在30位台をキープ中(*^艸^*)♪

a0143504_6231088.jpg

→まさかまさかの…は追記へどうぞ。



私のお誕生日weekに始まったdaiのロタウイルスに始まり、
先週は母の入院と手術。
やっとやっと落ち着きかけた昨日…。

meiのおでこと腰付近に赤い発疹?
ん?これは水疱?
あっ!もしや「水ぼうそう?」
そういえば2週間ほど前、保育園に水ぼうそうの子いたよね?

どうやら我が家の長雨はまだ続きそうです。
でもでもきっと、次に晴れる日は気持ちいいことを願って!
a0143504_633185.jpg

[PR]

by 5lieves_clover | 2011-05-22 06:33 | オヨメニモラッタモノ